子育ての謎・ニトリの商品を紹介

すずめのブログ

子育て

子どもの勉強嫌いをなくさせる方法

更新日:

こんにちは。suzumeです。

 

子どもの勉強嫌いをなくさせる方法

 

 

正直、私も勉強は大嫌いでした…。

何故勉強をしないといけないのかが分からなかったのもあって、宿題をサボったりよくしてました。

しかし、自分が勉強をしなかった事がどれだけもったいなかったかを今になって思い知ったので、子どもには同じ過ちを犯してほしくは無いと思ってます。

 

だからと言って[しなさい!!しなさい!!]と言っても子どもは余計にしません…。

 

特に不得意な教科は余計嫌がります。

 

そこで、昔の私の心情を思い出しながら行動をしてみました。

 

プリントに取り組ませて算数を得意に

 

具体的な方法としては…家で計算プリントをやる事を日課にしましょう。

算数は、解けば解くほど頭に入っていくので解かすのが効果抜群です

 

ココで気を付けて欲しいポイントは!

  1. 初めから難しい問題はさせない事。(まずは、解けるという自信をつけさせよう)
  2. 1日のプリントの時間は、15分。(ダラダラしても意味がないので、短時間で終わらせよう)
  3. 問題で詰まってても焦らさず、怒らない事。(怒っては余計に嫌になります)

初めてプリントを開始する時は、子どもはきっと嫌がると思いますが…毎日解ける事によって抵抗感が薄れていくので、続ける事が大事です。

 

もしプリントにミスがあっても怒らずに、何故ミスしてしまったのかを一緒に考えましょう。

 

そして、ミスした所は消したりせずにそのまま残しておいて、一緒に解いてでた正解の答えは近くの空欄に書いておきましょう。

 

正解が分かった時は、いっぱい褒めてあげましょう。

 

褒められることによってもっと頑張ろうと思えるようになってきます。

 

プリントを続けてると式を見ただけで答えを言えるようになってきます。ですが、ここで浮かれてはいけません。

 

この結果は慣れの賜物なので、丸暗記と同じです。

計算が得意になってきて、子どもにも自信がみえてきたら…次は文章問題です。

 

子どものレベルとヤル気に合わせて徐々に問題の難易度を上げていきましょう。

焦ってしても何も得られるものはありません。毎日コツコツと積み上げていく事で必ず飛躍するタイミングがきます。

 

そのタイミングが来る時まで我慢し、頑張りましょう。

 

子どもの頑張りには親の応援が必要です。怒りや甘やかしや焦らす応援ではなく、子どもの味方でい1番の理解者になってあげましょう。

 

なかなかの効果が得られるので是非、試してみて下さい。

 

-子育て
-,

Copyright© すずめのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.