子育ての謎・ニトリの商品を紹介

すずめのブログ

子育て

6歳頃から始まる、ひどい中間反抗期【ギャングエイジ】に勝とう

更新日:

幼稚園や保育所が終わり、やっと大きくなって少しは楽になると思ったら…すぐに始まる第2の反抗期。

イヤイヤ期も大変でしたが、中間反抗期はまた違った意味で大変です。

心して戦っていこー!

中間反抗期とは

2歳にあるイヤイヤ期と中学生頃にくる思春期の間にある、6歳頃からくる反抗期の事を言います。

今日は、中間反抗期とはどんな感じなのかを体験談もつけて紹介していきます。




6歳頃から始まる、ひどい中間反抗期【ギャングエイジ】に勝とう

 

年長~小学校に入って少したった頃から、急に口が悪くなったり、返事をしなかったり、態度が悪くなったりとあげたらキリがないぐらいです。

言葉で言うだけなら可愛い荒れ方に思うんですが、実際になってみると酷いですね。

子供によって荒れ方は色々あるみたいなのですが、わが家の長女の場合は、小学校1年生になって少ししたら始まりました。

口調がすごく汚く荒くなって、すぐにイライラばっかりしてましたね。

子供がイライラしてるので、わたし達までイライラがうつっては困ると思い、子供のそばを離れ別室に行くと、怒りながら同じ部屋に来ます。

中間反抗期は、可愛くいうと【ツンの多いツンデレ】ですね。

 

中間反抗期は誰にだってあるものだから大丈夫

中間反抗期は急にきます、幼児でまだまだと思ってたら急にきて戸惑います。

みんながみんな反抗がキツイのかと言ったらそうではありません。

すごく反抗的になる子もいてますし、そんなに激しくなく終わる子もいてます。

 

すずめ
わが家の長女はなかなかのツンの強いツンデレでした。そして2年生ぐらいからだんだん治まってきました。

中間反抗期は、親に反抗しながらもまだまだ甘えたいのですが、それを表立って出せないので余計にイライラして反抗を繰り返してかまってもらおうとするものです。

どんなかたちでも、自分だけを見てほしい、かまってほしいという気持ちの表れです。

小学生になってくると、親に甘えてたりすると周りの大人がそれを見て【もう大きくなったのに甘えてたらアカン】とか【恥ずかしいー】と言ってくる人がいてたりします。

すずめ
わたしはなぜ甘えるのがダメなのか謎です。

甘えたい時はいつでもどこでも甘えてきたらいいと思います。

子供の甘えたい気持ちの中には、不安な気持ちや寂しい気持ちの時もあるので、我慢させずにいつでも「おいで」といえるような心構えでいましょう。

親がいっぱいいっぱいになってしまってたら、子供は甘えられません。

 

中間反抗期でも、甘やかし過ぎには注意です!

1つ言っておきたいのは、甘やかし過ぎるといい事は何もおきません。

 

「反抗期だから仕方ない」と甘やかし続けると、自分では何も出来なくなって、何も決められない大人になってしまいます。

きちんと厳しくするとこは厳しくしてください。

子供が甘えてきた時は、何かをあげるとかじゃなく、抱っこをしたり2人でお話をしたりと子供と2人きりの時間を作ってあげましょう。

中間反抗期は他の反抗期も子供が絶対通らなければならない試練の道です。

子供と同じで親にとっても試練の道です。

 

ひどい中間反抗期でも、どんな時も絶対仲直りしましょう

お互いイライラしてブチ当たってしまう事もあると思います。

すずめ
正直、わが家でもしょっちゅう娘とブチ当たってしまってます。

こんなキツイ言い方したらアカンとわかっていても、自分に余裕がないせいで当たってしまって余計に子供を傷つけてしまいます。

そんな時は、子供とは別の部屋に行きイライラな気持ちを吹き飛ばしましょう。

そしてきちんと子供に謝って、自分の思ってること、子供の思ってる事すべて話し合って仲直りします。

うやむやに終わることは絶対にしてはいけません。

悪いことは良いことの時より記憶に残ってます

 

「お互いすぐ忘れる性格だから大丈夫!」と言っている人がたまにいますが、そんな事は絶対にありません。

お互いの心に残っています。

ふいに思い出して傷ついたり、またイライラしたりと悪循環になります。

お互いの気持ちもキレイにする為にも仲直りは絶対必要です。

そして、なるべく怒らず大きい気持ちで中間反抗期と向き合いましょう。

子供たちは、反抗期を何度も何度も繰り返して大人になっていくので大変ですが、気長に見守ってあげましょう。

中間反抗期の子供にイライラをぶつけない方法

先ほども言いましたが、毎日子供の反抗に付き合ってたら大きい心で向き合ってても、イライラがMAXになる時もあると思います。

そんな時は、子供がいない時か、見つからないような場所でマクラやクッションに顔を埋めて叫びましょう。

顔を埋めずに叫ぶとご近所さんに聞こえたり、子供にバレたりしてしまうので顔を埋めて声が漏れないようにしましょう。

大人になると大きい声を出す事はあまりしないので1回してみて下さい、なかなか発散になります。

(自分なりに子供に見られないようなストレス発散の方法がある方はその方法で大丈夫です)

なぜ、子供にバレてはいけないのか。

それは、反抗的な子供の心はかなり敏感になっています、親のそんな姿を見せてしまうと余計に気にして甘える事が出来なくなり、反抗がキツク、長くなってしまったりしてしまいます。

なので隠れていっぱい大声をだして下さい!

子供との貴重な時間をイライラで過ごすか、楽しく過ごすかは大人たち次第です。

みんなで出来る限り楽しく過ごせるように頑張りましょう。

 

歌を歌ってストレス解消の人にはコレもオススメです。

カラオケに行けない時はコレで歌って解消しましょう。

 

 

➡➡➡ 子どもが勉強でつまづいた時の対処法

➡➡➡ 夫婦喧嘩は子育てに不要!【わたしと子どもの体験談】

-子育て
-,

Copyright© すずめのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.