子育ての謎・ニトリの商品を紹介

すずめのブログ

子育て

兄弟・姉妹がライバルになった時の親の対応方法の紹介

更新日:

【兄弟・姉妹がライバルって?】と思った方もいると思います。

ライバルと言えば、同い年の子や同性の子が思い浮かぶ方が多いと思うんですが、実は、兄弟・姉妹のライバルも多いんです。

しかも、ずっと一緒にいる相手がライバルなので、伸び率が半端ないです。

オリンピックの選手とかで兄弟・姉妹の方はたいがいの方がお互いがライバルだと言っています。

柔道の阿部一二三選手・阿部詩選手の兄妹もお互いがライバルであり尊敬しあってます。

兄弟・姉妹のライバルは、【最高のライバル】になると思います。

 

兄弟・姉妹は【1番のライバル】になる

 

【男同士の兄弟】【女同士の姉妹】【女と男の姉弟】だろうと、どんな形でもライバルにはなります。

親が無理やりライバルにしようとしてもなりませんし、わざと焚きつけようと【お姉ちゃんは凄い!】や【弟の方ができてるやん!】ということは絶対に言わないでください。

子供たちが自分でお互いをライバルだと認識した時は、爆発的に伸びます!

 

兄弟・姉妹がお互いをライバル視するとどうなるのか

結論から言いますと…常に何にでも競争しあってます。

わたしの家の子供たちも姉弟でライバル化してます。

特に、息子の方がお姉ちゃんをライバル視していますね。

【お姉ちゃんの嫌いなものは意地でも好きだと言って食べるし、お姉ちゃんが九九をやってたら負けじと横で九九を覚え始めます。】

すずめ

兄弟・姉妹のライバルは親が思っているよりも、本物のライバルです。

 

兄弟・姉妹がライバルになった時

正直、同じスポーツをさせるのが1番です。

違うスポーツをさせてもいいとは思うんですが、その場合、違うスポーツでもライバルが見つかるかです。

人が何かで【頑張ろう!】【強くなりたい!】と思う時は、必ずライバルがいます。

兄弟・姉妹でライバルの時にバラバラのスポーツをさせても伸びがあまり期待できません。

違うスポーツでも本当のライバルが見つかれば、きっと伸びてくると思います。

ですが、兄弟・姉妹に一緒のスポーツをさせると、お互いがどんな練習をして何を見ているのかがわかるので兄弟・姉妹で張り合います。

上の子は上の子で下の子には負けたくないし、下の子は下の子で上の子を追い抜かしたいという気持ちがあるので凄く張り合います。

[st-kaiwa1]ライバルになると子供たちは本当に何でも張り合うので見てる方は面白いですよ

 

兄弟・姉妹のライバルは一生もの

大人になってくると【最高のライバル】に出会える確率はほとんどありません。

友達同士のライバルも一生ものですが、兄弟・姉妹はいつどこで何をする時も一緒です。

 

兄弟・姉妹ライバルの練習方法

一緒に練習さすのが1番です。

練習前に子供たちそれぞれの良いとこを伝えてあげます。

お互いに相手の上手なところを聞くと【相手に負けない!】という気持ちがでて、相手の良いところを抜かすために努力し始めます。

相手がどうやってしてるのかを観察したりしています。

すずめ
このワザを使うとめちゃめちゃ子供が練習したがるので、親は大変なんですが、、

子供たちは、お互いがお互いに【負けたくない!】となっているので、練習も相手よりもっとしたいと思っているので、なかなか帰りません。

練習中に子供を怒ったりするのはいいと思います。

ですが、練習が終わった帰り道などでは、怒らずに上手にできていたところを褒めてあげましょう。

怒られてばっかりだと、ヤル気をなくしてしまったり、自分はできない子なんだと思ってしまって、何もできない子になってしまいます。

絶対にずっと怒るということは、やめましょう。

 

兄弟・姉妹がライバルでありお互いを尊敬できる相手にする

ライバルだからと言って、兄弟・姉妹の仲が悪いのは嫌です。

何でも競争しあうので、ケンカは日常茶飯事です。

すずめ
お互い常に本気で、相手にケンカをうってます。

ですが、仲良しの時は超仲良しですし、お互いの自分よりできているところを褒めあったりしています。

子供同士で練習の話をしている時は、わざわざ入らずに子供同士で話さしてあげてください。

子供がこっちに話を振ってきた時は別ですが、極力話には入らず子供同士で語らしましょう。

お互いの良いところを認め合えるなんて、そうそうできることではありません。

まして、ライバルともなれば負けたくないのが本心です。

ですが、お互いを認め合ってお互いで頑張ろうとしているところに親が入ってしまうと認め合う気持ちが薄れてきてしまいます。

第3者が入って良い場合とダメな場合があるので注意しましょう。

 

兄弟・姉妹がライバルの時のまとめ

兄弟・姉妹・姉弟・兄妹どんな形でもライバルになります。

年が離れていたってなる時はなるのです。

 

禁止ポイント

  •  親が無理やりライバルにさすのは禁止
  •  子供をずっと叱るのは禁止
  •  子供同士で話している時にわざわざ話の中に入っていくのは禁止

 

相手を認めて相手に勝ちたいと思うかどうかは子供たち次第です。

親や他の人がライバルになれといったからってなりません。

体や気持ちが勝手になるものなので、そっとしておきましょう。

子供がライバル同士になった時は、片方だけの応援じゃなく両方を応援し、子供たちの頑張ったところをいっぱいほめてあげましょう。

親ができる事は、3の叱りと7の応援です。

みなさんも子供たちのことは子供たちに任せてみましょう。

-子育て
-, ,

Copyright© すずめのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.